法人化・会社設立の安い印鑑ならハンコヤドットコムがおすすめ!!

完全無料で使える会計ソフトFree

2013年

8月

02日

美容外科に務める看護師の平均年収・給与とは?

美容外科に務める看護師の平均年収・給与・年齢とは?転職のメリット・デメリット

看護婦は高収入といわれています。平成22年の看護婦の平均年収は469万円だそうです。サラリーマンの平均年収は約400万円といわれていますので、サラリーマンやOLに比べると看護婦さんの年収は高いことがわかりますね。

また美容外科はさらに高いです!!

看護師給料:実績45万

美容外科で働く看護師さんの給与

美容外科で働く看護師の給料は、病院勤務よりも高い傾向にあります。なぜ病院勤務で働くより高いのかというと、美容外科は保険適用外のためクリニックによって料金体系が異なってくるので一般の病院よりも高い給料を貰うことができます。また美容外科は夜勤がないので、夜勤手当が付きませんがその分ボーナスが高めに設定されている美容外科が多く年収で見てみると病院勤務よりも給料が高くなるのです。

 

美容外科の場合は業績給が付いてくるので頑張って接客すればさらに給料が高くなります。これは、治療の他にも化粧品などの販売や自分の営業で来店した患者がいればその分給料が上乗せされていきます。

 

美容外科には2種類ありお肌などの治療を行う美容皮膚科と脱毛などを行う美容外科の2種類があり、種類が違うだけで給料に差が出てきます。美容皮膚科の場合は、クリニックから化粧品などを購入して自分でトラブルを解決することができるので、複数回クリニックに通うことがないためクリニックの収益が少なく給料も安くなってしまいます。美容皮膚科で勤める看護師の平均年収は400万円弱と言われています。これに対して美容外科の場合は、化粧品などで解決できないトラブルや悩みを解決するために治療を行うので、患者も何回もクリニックに足を運ぶことになるので、収益面で考えると儲けることができるので、看護師の給料も高くなります。美容外科の看護師の年収の平均は多い人で500万円を超える人もいるようです。美容外科はクリニックがある地域によっても異なり東京と地方では同じ勤続年数でも数十万円の差が出てしまうようです。また名古屋、大阪、福岡のクリニックも給料が高い傾向があります。

 

美容外科の看護師の給料は病院勤務よりも高めに設定されているクリニックが多いです。夜勤もなくボーナスも高めに設定されているので、若い世代の看護師に人気のある診療科目と言えます。

看護師さんはコミュニケーション力が大事!

お客様とのコミュニケーション能力(人とのコミュニケーションやヒアリング力、サービスを分かりやすく説明する能力など)が求められます。また美容外科に来院するお客様は、看護師よりも最新美容情報に詳しい方が多いです。看護師自身も最新知識を吸収していく熱心さも必要になります。

比較的給料が高いと評判の美容外科の看護師ですが、これは美容整形が保険適用外なためです。そのため月給(年収)にすると一般的な病院勤務の看護師よりも高めになるそうです。

もう少し詳しくいえば、美容外科の基本給は低めですが、基本給以外の諸手当があるのがポイントだそうです。この諸手当により給料が高くなる傾向があるわけです。一般的な夜勤がある病院で働く看護師に比べ、美容外科で働く看護師の方が年収が高くなるようです。

ただし看護師のキャリアを考えた場合、少し複雑です。そもそも美容外科が医療業界から評価されていない傾向があるためです。美容外科の看護師として働くなら、将来どうすべきか考えた上で決める必要があるようです。

美容外科で働く看護師さんのメリット

・一般的な病院の看護師よりも給料が高め!
・夜勤が無い!
・勤務時間が決まっているため残業が少ない!

美容外科で働く看護師さんのデメリット

・高いコミュニケーション能力が求められる!
・実務以外の気遣いの業務(サービス業的な業務)や打ち合わせも多い!


美容外科で看護師として働く場合に注意することは、来院される方は病気でくるわけではありません。より高いサービスを求めて来るお客様なのです。患者さんではなくお客様、病院で患者さんに接するのとは、訳が違うわけです。

美容外科の看護師に転職メリット・デメリット

看護師にとって、プライベートの時間を確保しやすい美容外科の仕事は人気のある分野です。
その美容外科看護師として転職する場合のメリット・デメリットにはどんなものが
あるのでしょうか。


美容外科の主なメリットとしては、入院設備が不要なため夜勤がないこと、
比較的高収入であることが挙げられます。

この美容外科は外科の一ジャンルですが、主として美容のための顔や体の改善を
目的としており、基本的に入院を要するような施術は行なわないのが一般的です。
したがって看護師も夜勤・深夜勤をする必要がなく自分のプライベートな時間を
確保することができます。


また、美容外科勤務のメリットのひとつとして「給料が高めである」という点も
挙げられます。
美容外科ではポピュラーな診療科で働く看護師よりも給与水準が高めであることに
加え、夜勤がなくても他の手当てが付くケースが多く、そうした意味からも
人気の分野といえるでしょう。

上記以外にも、美容外科は美しくなりたいという患者をサポートできる遣り
甲斐のある職場である、病院・クリニックのインテリアがオシャレで気分よく働ける、
化粧品などが割引で購入できてお得感がある、看護師自身も美容の施術が受けられる
といったメリットを挙げる看護師もいます。


一方、美容外科の看護師のデメリットとしては、求人に事実上の年齢制限がある、
ヘアスタイルやメイクなどに一般的な身だしなみ以上の気遣いが求められる
(実用本位のヘアメイクでは不可)ことや、営業ノルマがあって収入に
変動があるなどが挙げられます。

美容外科は審美的な要素を重視する分野であることから、看護師に美的な外見が
求められるケースが多く、事業主によっては看護師に対して30歳以下など
年齢制限を設けていたり、病棟勤務などではあまり見られないヘアメイクに
関する気遣いを求めているところもあります。

もうひとつ美容外科のデメリットといえるのが、仕事を行なううえで
営業ノルマがあり接客技術が必要となるという点です。


看護師の業務としては、美容整形・外科手術の介助や医療器具のケアなどが
中心ですが、病院やクリニックで販売している化粧品の販売ノルマがあることも
珍しくなく、勤務先によっては美容施術の契約を取るノルマを課している
ケースもあるようです。

美容外科では来院される方は患者ではなくお客様という考え方に基づき、
サービス業と同様の接客技術が必要となってくるでしょう。

美容外科ではこうした一般の看護師にはないプレッシャーがあるだけでなく、
看護師としてのキャリアが積めないというデメリットもあり、一般病院への
転職が難しいといったケースも出てくるようです。


美容外科は高収入が期待できプライベートの時間もキープできる職場ですので、
そのメリット・デメリットをよく知ったうえで判断してみてはいかがでしょうか。

もし美容外科への転職を希望する場合は、待遇条件などに詳しい転職支援サイトの
担当者に相談してみるのも合理的なやり方です。


法人化・会社設立の安い印鑑ならハンコヤドットコムがおすすめ!!

 

 

かっこいい会社名と社名の由来「かっこブー」