法人化・会社設立の安い印鑑ならハンコヤドットコムがおすすめ!!

完全無料で使える会計ソフトFree

2013年

8月

02日

出会い系詐欺被害・サクラに会ったら行う対策

出会い系・交際クラブ詐欺被害・サクラに会ったら行う対策と解決法ベスト10!

出会い系詐欺被害にあった際は結論からお伝えすると、良い弁護士を探すことを一番にお勧めします。なぜならば、消費者センターや個人でその会社を追跡したとしても法的効力が薄く、知識もない場合、簡単に足われてしまします。

当たり前ですよね。金額を支払った時点で向こう側の詐欺は成立しているわけですから、もうお客様ではありません。


そこを返金させる分けですから、詐欺としての立証をする必要があります。

1,000万円取られた方もいますが、私の場合50万ぐらいでした。

私に取ってはかなり高額でしたが、仕事も忙しい中調査を自分で行うのは無理でした。そこで色々な口コミを確認しながら良い弁護士の先生を探しました。

知ってます?出会い系詐欺の被害金は取り戻せます!!

秘密をしっかりと守っていただいて、またかなり丁寧な対応をしていただきました。

下記のE-ジャスティス法律事務所です。

出会い系詐欺の返金請求は実績あるE-ジャスティス法律事務所へ

弁護士さんにも得意、不得意がある!!

得意分野が皆さんにあるように、弁護士さんにも存在します。

基本的に大きな案件しか受けたがらない弁護士さん(お金になるので)が多い中、出会い系被害の訴訟をしてくれる弁護士さんで、かつ良い先生は少ないです。

ご相談しにくい方もいると思いますが、本当に丁寧です。

まずは、メールにてご相談いただくのがベストです。

 

【E-ジャスティス法律事務所】

http://e-justice.jp/personal/consumer/

出会い系詐欺被害に会ったら・・解決法ベスト5

出会い系詐欺にあった場合、行うことを掲載しておきますので、まずは確認をしっかりしてください。上記のキャッチコピーを掲載しているように返金をしてくれる可能性が高いので、冷静に判断しましょう。

①まずは冷静に対応と迅速に確認

まずは、冷静に落ち着いてください。請求金額が多ければ多いほどパニックになると思いますが、冷静にですね。

まずは深呼吸することが大事です。また、請求金額が少額だからといって放置しておくと、詐欺被害は拡大しますし、時間が立てばたつほど、取り戻せなくなります。

②やり取りしたものの収集

やり取りしていたメール内容や、会員登録に使われたID・PASSなどはしっかりと保管しましょう。なくてもあせらなくても大丈夫ですが、あるだけ確認しましょう。銀行振り込みの場合は振込票、通帳。カード決済に場合はカード明細など被害総額が確認できるものを用意しましょう。

家族などにバツが悪いからと言ってむやみに削除するのはやめましょう。

③誰にも伝えなくてOKです

下手に家族や恋人に話をするとトラブルの元です。

友人も例外ではありません。不安なのは分かりますが、こちらのサイトで解決してください。

④当該業者が詐欺会社である事の証拠を収集する

なるべく条件や内容詳細を説明しやすいようにできる限り(自分のできる範囲)情報を集めておくことをお勧めします。

インターネットなどで構いませんので調べておきましょう。

⑤専門の弁護士さんに相談をする

専門の弁護士さんに相談することをお勧めします。

ここでは「専門」ということと、「弁護士」であることが重要です。

司法書士も少額訴訟することができますが、実際のところは訴訟金額に上限がありますので、弁護士の方が確実です。

 

詐欺被害は迅速対応!【E-ジャスティス法律事務所】

http://e-justice.jp/personal/consumer/

 

悪質出会い系サイトの4つのパターン

すべての出会い系サイトが詐欺サイトというわけではありませんが、多額のお金をつぎ込んでいるのに一向に会えない、という状況に陥ってしまっている方は、ほぼ100%の確率で悪質出会い系詐欺被害にあってしまっています。

①完全無料からの課金誘導型

完全に無料と偽った入り口サイトから、メールの開封、返信、送付、写メの送付、ひとつひとつにポイント(お金)のかかる有料サイトに誘導させるパターンです。
はじめはお試しポイントが付与され無料サイトのつもりでやり取りできますが、メール相手(サクラ)との話が盛り上がる段で丁度ポイントが無くなるようコントロールされており、やりとりを続けるためにはポイント購入を促される事になります。
一度ポイントを購入すると、様々な魅力的な異性からメールが送られて来、やり取りを続けるために多額の金銭が消費させられていくこととなりますが、勿論そのメール相手は殆どがサクラです。

最近ではスパムメールや無料出会いサイトからに限らず、mixi、GREE、Mobage、Facebookなどの“非出会い系のSNS”から悪質な有料出会い系サイトに誘導する手口も横行しています。

②セレブや未亡人からの報酬約束型

「報酬は出しますから遊んでくれませんか?」「○○万円あげますから抱いてください」などのスパムメッセージを、セレブや遺産相続した未亡人などを名乗って送信してきます。
また、資産家の男性やお忍びの芸能人を騙っての、女性を標的とした報酬約束型の出会い詐欺のご相談も近年増加しています。

これらはコンタクトをとってみても、プライバシーの保護のため、また信用できる相手か試したいなどの理由で有料のサイトを通してのやり取りを強要され、いつか手に入る大金のための先行投資として、サイトのポイントや受け取り保証金など様々な名目でお金を消費させられます。

報酬約束型の詐欺に騙されてしまうと、途中で不信に思っても「今、やめたら約束のお金を貰えなくなるから、今までつぎ込んだお金がもったいない」という泥沼にはまり、ズルズルとやり取りを続け、結果として被害が膨らんでしまう傾向にあります。

③利用規約違反金、罰金型

援助交際の誘いやわいせつな画像を送信するようにせがまれ、実際に画像を送信したり、援助交際を了承した内容のメールを送ると、サイト運営者から利用規約違反ということで罰金を請求されます。
またこの手の悪質サイトは退会しようとしても規約違反と言われたり、何かにつけて金銭を請求されます。
請求金額は様々ですが、一度支払いに応じてしまうと、何度も違う名目で金銭を要求されることが多く、気づけば百万円以上も支払ってしまっていたケースのご相談も多々寄せられます。

④ワンクリック・ツークリック型

アダルトサイトなどで不用意にバナー広告などをクリックすると、いきなりダウンロードが始まり、「ポイント購入ありがとうございました。料金○○万円をお振込ください。」などのメッセージが表示され、その場でなにもせず放置していると、訴訟するなどとの督促のメールが届くようになります。
画面にIPアドレスやブラウザの情報など、いかにも個人を特定しているような情報を表示させられるために不安を覚えてしまいがちですが、実際にはインターネットで通信をするうえで必須の、取得が容易な情報ばかりですので、恐れる必要はありません。

 

詐欺被害は迅速対応!【E-ジャスティス法律事務所】

http://e-justice.jp/personal/consumer/

 

出会い系詐欺・交際クラブ詐欺

有料出会いサイトと知らずに登録できるような出会い系サイトは電子消費者契約法に違反しております。
出会い系サイトサクラ詐欺とは、主にポイント制のサイトにおいて利用者のポイント消費を促すことを目的にサクラを用意し高額な利用料を請求する詐欺です。

悪質な出会い系サイト業者により被害をうけている方が急増しております。
SNSサイトやランダムに送り付けてくる迷惑メール等より誘導し出会い系サイトへ登録させられます。
なかには、芸能人や会社経営者を装った人物がいて巧みなメールによりポイント課金をさせられてしましまいます。
また最近では副業を誘い文句に高額なポイント課金をさせられる被害相談が急増しておりますので気を付けて下さい。

・「主人が出張なので今週中に会えますか?」
・「彼氏にふられてさびしいです。」

などのメールを不特定多数の登録者に送信し何度も会おうと待ち合わせの約束をするが、当日になって何かと理由をつけてキャンセルされ、その間に出会い系サイトの利用料だけがどんどん膨らんでいきます。
相手がサクラであると気付いたときには、すでに百万円近くを払い込んでいたケースもあります。
また、『支援や資産提供』目的と称し、高額な金銭を渡す為の連絡のやりとりで、ポイントを加算させるケースも多く報告されています。

 

詐欺被害は迅速対応!【E-ジャスティス法律事務所】

http://e-justice.jp/personal/consumer/

 

【事例】出会い系/サクラ詐欺

完全無料との事だったので、軽い気持ちで登録してしまいました。
登録してすぐに某芸能事務所のマネージャーを名乗る人からメールが来ました。
内容は・・・「今すぐに名前は明かせないが某アイドルの相談に乗ってもらいたい」とのメールでした。

何故だかその時は信用してしまいメールのやり取りをすることとなりました。
しかし、ここのサイトではまずいとのことで他の有料サイトへ登録することになりました。
登録名から相手が誰なのかすぐわかりました。誰でも一度はTVで見たことのある超有名アイドルグループのメンバーでした。

普段の何気ない会話から、仕事での相談などのメールのやり取りを交わしていくと、それに伴うポイント代金も高額となりクレジットカードでの支払いにてポイント購入していきました。翌月、クレジットカードの明細を見て目が覚めました。
気付けばポイント購入代金だけで48万円の請求でした。

すぐに、サイト側に退会したいとメールを送ったところ「後払い料金16万円が未納のため支払いをしないと退会処理ができません」との回答でした。
後払いシステムでの利用などしていなかった為、おかしいと思いインターネットでサイトを検索したところ詐欺にあったと気が付きました。

上記の内容にてご相談を受け、証拠書類などの確認をしたところクレジットの明細しかお持ちではなかったが、サイト利用時に使用していた「ID」をきちんと控えていた事や、明らかにサクラによる出会系詐欺被害であるため解決が可能でした。

 

詐欺被害は迅速対応!【E-ジャスティス法律事務所】

http://e-justice.jp/personal/consumer/

 


法人化・会社設立の安い印鑑ならハンコヤドットコムがおすすめ!!

 

 

かっこいい会社名と社名の由来「かっこブー」