法人化・会社設立の安い印鑑ならハンコヤドットコムがおすすめ!!

完全無料で使える会計ソフトFree

2013年

7月

07日

リンナイ 社名の由来

会社名:リンナイ株式会社

社名の由来:1920年(大正9年)9月「林内商会」として創業。
1971年(昭和46年)に現在の社名になった。「リンナイ」の名は「林内」をカタカナ表記にしたもの。創業者の姓から1文字ずつを取って組み合わせた。

(創業者)兼吉・藤秀次郎

リンナイ 社名の由来について

リンナイという社名は、創設者の林兼吉と内藤秀次郎から一字を取ったもの。当初「ナイリン」だったが、語呂が悪かった為、「リンナイ」に変更した。1920年(大正9年)9月に石油コンロ卸売業者「林内商会」として設立。

国内では長らく「ガスとエレクトロニクス」というキャッチフレーズを用いてきた。なお、CMのサウンドロゴは国によって異なる。また、スポンサークレジットは長年“Rの穴部分を紅い炎にした社紋”と、その下に「リンナイガス器具」であったが、2006年(平成18年)から「Rinnai」となった。また、製品は同じ愛知県に本社があるINAX(現LIXIL)にもOEM供給されている(給湯機器はINAX扱いの製品も一部Rinnaiブランドのまま販売される)。


2006年(平成18年)に同じく愛知県内に本社のあるパロマが起こした一連の湯沸器事故の不祥事で、リンナイにも風評被害が出るのではと言われていたが、パロマに対する消費者の嫌気(不買ムード)により給湯器部門(特に、小型瞬間湯沸器)でリンナイのシェアが延びた。

また、旧松下電器産業(現パナソニック)が2007年(平成19年)4月にガス器具製造販売を撤退したことに伴い、リンナイ製品はパナソニックショップ(当時はナショナルショップ)にも供給されている。


法人化・会社設立の安い印鑑ならハンコヤドットコムがおすすめ!!

 

 

かっこいい会社名と社名の由来「かっこブー」