法人化・会社設立の安い印鑑ならハンコヤドットコムがおすすめ!!

完全無料で使える会計ソフトFree

2013年

7月

07日

アップル 社名の由来

会社名:アップル インコーポレイテッド

社名の由来:設立者のスティーブ・ジョブズがビートルズを尊敬していたから。ジョブズがフルーツダイエットをしていた時期があって、そのころリンゴだけ食べればシャワーを浴びる必要が無いと考えていたことからなど多くの仮説・俗説があります。

その他アップルの社名の由来について

①ジョブズが尊敬するビートルズのレコード会社名がAppleだったから。

そもそも、アップルとは1968年にビートルズが設立した会社の名前である。(ビートルズのアップル社については後項で説明)
ジョブズは、ビートルズを非常に尊敬しており、自分達の会社の名称を選考中の際にもずっと「アップル」と名付けたいと願っていた。
そんなある日、ジョブズとウォズの2人でドライブ中、ジョブズはウォズに突然言いだした。

「アップルというのはどうか?」

ウォズは驚いたが、すぐに快諾した。
なぜなら、ジョブズがビートルズを尊敬していることは、ウォズもよく知っており、ウォズ自身も音楽が好きであったからだ。

「ビートルズに憧れるアメリカの青年達」が設立した会社は、現在では世界有数のコンピュータメーカーになり、今日に至る。


②ジョブズがダイエット中、リンゴしか食べなかったから。
③コンピュータの概念を初めて提唱した数学者が、青酸カリ入りのリンゴを齧って自殺したから。他にも多くの説があるようだが、公式に社名の由来が明かされた事はない。

④リンゴは知恵の実で良いイメージだから

⑤電話帳の最初のほうに掲載したかった(頭がA)

⑥ジョブズがフルーツダイエットをしていた時期があって、そのころリンゴだけ食べればシャワーを浴びる必要が無いと考えていたことから

・・・多くの仮説・俗説があるが、米Apple社は公式な説明をしていない。

 

一方、ウォルター・アイザックソンが著述したジョブスの公式自伝『スティーブ・ジョブズ』では、ジョブス自身の言葉として、「果食主義を実践していたこと、(名前を決める打ち合わせの直前に、知人ロバート・フリードランドの)リンゴ農園の剪定作業から帰ってきたところだったこと、元気が良くて楽しそうな名前であること、怖い感じがしないこと、コンピュータの語感が少し柔らかくなること、電話帳でアタリより先に来ること」が理由であったと述べている。



法人化・会社設立の安い印鑑ならハンコヤドットコムがおすすめ!!

 

 

かっこいい会社名と社名の由来「かっこブー」