法人化・会社設立の安い印鑑ならハンコヤドットコムがおすすめ!!

完全無料で使える会計ソフトFree

2013年

6月

06日

ブラック会社(起業)の定義とルールと見分け方!

ブラック会社の定義とは?
ブラック企業とは、法規や善良な労働慣習を守らず収奪的な営利活動をする企業である。
ブラック企業(ブラックきぎょう)またはブラック会社(ブラックがいしゃ)とは、広義には入社を勧められない労働搾取企業を指す。英語圏では一般的にスウェットショップ(英: Sweatshop)と呼ばれている他、中国語圏では血汗工場(中: 血汗工廠)とも呼ばれる。

あなたの会社もブラック?ブラック会社ルール

①長時間労働

朝9時~夜の12時まで・・・なんていい方!朝6時まで・・・なんてことも。

もちろんサービス残業・・・残業手当なんて付かない!

 

②叱責や暴力で精神的、肉体的に追い詰められる

会社の空気が逆らえない空気・・・

 

③関係諸法に抵触する可能性がある営業行為

「それって違法では?」

と思うことを「ぐだぐだ言わずにヤレ!」と命令するばかり・・・

どうなっている。

 

ブラック企業になりやすいパターン!

●飲食、サラ金、先物、下流SE、不動産(特にマンデベ)、パチンコ、派遣等は基本中の基本。

本当に人間扱いされない場合があるのでびっくりするらしい!

 

●googleにて企業名を検索すると関連キーワードに「ブラック」や「2ch」と出てくる所は要注意。

「会社名 評価」などで検索をすると、過去の社員の書き込み・・・

嘘ではないですよ・・・。


●ハローワークへ常に求人を出しているところは人材の定着が極端に悪く、人の出入りが激しい。

離職率が高いだけましだが。。。時間は無駄にします。。


●「○○で働く社長の日記」など社長がブログにて露出している企業など。

社長がワンマン・・・自分中心型だと、社員を「水」みたいに思っている企業が多い。経費は削減するが、人件費は経費ではない(販管費)なため、使えるだけ時間を拘束して使うケースも・・・話すと「早く帰ってほしい」など言う。。。


法人化・会社設立の安い印鑑ならハンコヤドットコムがおすすめ!!

 

 

かっこいい会社名と社名の由来「かっこブー」