法人化・会社設立の安い印鑑ならハンコヤドットコムがおすすめ!!

完全無料で使える会計ソフトFree

株式会社設立2種類のパターン

スポンサードリンク

株式会社設立方法には大きく分けて2種類パターンがあります。

 

それは発起設立募集設立になります。

 

発起設立とは、

会社設立を行う際に「株式を発行」します。その発行する株式のすべてを発起人(会社設立する人)が引き受ける設立を「発起設立といいます。

発起人は、必ず1株以上の株式を引き受けなければならないというルールがあります。

募集設立とは、

 会社設立時に発行する株式の一部だけを発起人(会社設立する人)が引き受け、残りの株式については、他に株主となる人を募集する設立形態をいいます。

つまり、会社設立時に「出資者がいる」ということになります。

 

通常であれば、「発起設立」になりますね。

友人3人で行うなどや、個人事業主を一人で行っており、今回株式会社設立を行う。などの時になります。

 

また、会社務め(サラリーマン)などをしており、社長や専務に出資してもらう場合「募集設立」などの形態をとることがあります。

 

一般的には、「発起設立」になりますので、ここは悩まなくてOKになります。2つのパターンがある。

 

ということだけ覚えておいてください。


法人化・会社設立の安い印鑑ならハンコヤドットコムがおすすめ!!

 

 

かっこいい会社名と社名の由来「かっこブー」