法人化・会社設立の安い印鑑ならハンコヤドットコムがおすすめ!!

完全無料で使える会計ソフトFree

合同会社(LLC)のメリット

スポンサードリンク

下記のメリットを掲載しています。

基本的にですが、「株式会社」と比べて考える方が多いので、その比較した内容になっています。

設立費用が安い

合同会社(LLC)設立は株式会社と比べると半額以上安く設立が可能です。後のページでも説明しますが、株式会社設立は「会社設立にかかる費用」のページで比較しています。ご覧ください。

決算公告義務がない

決算公告とは2006年5月から、従来の商法に代わって会社法(平成17年法律第86号)が施行されました。会社法は、株式会社に対して、貸借対照表、損益計算書、事業報告、株式資本等変動計算書等の各種計算書類の作成、保存、株主への提供等を義務付けています。

これが「合同会社(LLC)」にはありません。

有限責任

社員(株式会社でいうところの株主)が全員「有限責任社員」であり、出資の範囲内において有限責任を負う(これを「間接有限責任」といいます)。

自由に定款をいじれる

合同会社は持分会社なので、定款自治の範囲が広く、会社法に違反しない限り、自由に定款に規定することが可能(会社の内部組織等を定款で自由に設計できる)。

利益・権限の配分割合を自由に決めれる

利益や権限の配分割合を出資額とは関係なく設定することが可能。

役員の任期がない

合同会社(LLC)には法律上役員の任期が定められていませんので、定款で「任期を~年とする」と定めない限り、役員の任期は存在しません。
したがって、合同会社(LLC)の場合は役員の変更を行う必要性が特にない限り、無意味に定期的な役員変更手続きを行う必要がありません。
このように、合同会社(LLC)の場合は株式会社と異なり、無意味な定期的な役員変更が不要な分、役員変更手続きにかかる収入印紙代や手続きを依頼した専門家に支払う報酬代を節約できる訳です。

剰余金の分配制限がない

すごく合同会社の特徴を表していて、有限責任という恩恵を被っているのですから、会社債権者に対して財産を一定額確保しておくという配慮と、持分会社という経営の特質から他の社員に対する配慮がなされています。

 

自分の利益剰余金を超えてもいけないし、他の社員の利益剰余金がマイナスになっているときは、債権者保護の観点から、自分の利益剰余金についても配当を受けられない場合があるということです。 (ここの部分は非常に重要です!!)


この規制を守らずに、配当をした業務執行社員及び配当を受けた社員は、合同会社に対して、配当額の全部を支払う義務を負うことになります(629条1項)。


法人化・会社設立の安い印鑑ならハンコヤドットコムがおすすめ!!

 

 

かっこいい会社名と社名の由来「かっこブー」