法人化・会社設立の安い印鑑ならハンコヤドットコムがおすすめ!!

完全無料で使える会計ソフトFree

カフェ開業するには資格とかいるの?失敗から学ぶ必要な準備

カフェの心得

カフェ業界に関しては大手チェーン(ボランタリーチェーンフランチャイズ)が存在しているのが事実ですね。

カフェが好きなこと・愛せることなどの思いがないと相当な努力が必要な業界です。

「儲かるかも」などの軽い気持ちで始めるとかなり厳しい困難が待っています。(実際に管理者の私がお店をつぶしているので・・・(笑))

 

ただ、行ってみて思うことが、自分のセンスやオリジナリティを存分に発揮できるのがカフェの魅力でもあり、あの時なぜ気づかなかったんだろうと思います。

そんな失敗談も含めながら皆様は検討してください。

カフェ開業に一体いくらかかるのか?

店舗初期費用 100~500万
店舗の外装・内装 1,000~1,300万
厨房の設備費など 100~300万
その他備品 100~150万
開業経費 50~70万
初期仕入れ費用 10~20万
リサーチなどの費用 10~30万
1,370~2,380万円位かかります。

結構かかるなーーと思われた方もいらっしゃると思いますが、上記は一般的な値段であり実質は500万ぐらいで出来ちゃったりします。

そのた資金調達の方法は「開業・独立・設立の金調達方法」「会社設立助成金の種類」をご覧ください。

カフェの開業を安く行うポイント

①物件の家賃は10万円以下で探す。

物件取得費と家賃費用を抑えるために、1ヶ月の家賃設定を10万円前後で探すことがポイントです。 本来の住宅でも8万円ぐらいで探しますよね。近しい額で考える必要があります。

②工事費を抑えるために、必要な工事のみ専門業者に依頼する。

 たとえば、空調工事、電気工事、給排水工事などの自分ではできない工事のみ専門業者に依頼する。 壁の仕上げや家具や看板、棚間関係などは自分で探して設置するか自分で作る。 リメイク物件などはベストになります。

③備品関係は最小限の数量と購入価格を予め決めてから購入する。

たとえば、食器などの備品購入する場合東京ですとカッパ橋道具街で購入される方が多いと思います。この道具街にいくと、食器備品が安いので必要でないものも購入してかなりの予算オーバーになりますので、慎重になってください

 

④立地を考えて何度も足を運ぶ。

スターバックスの立地はかなり考えられているのはご存じでしょうか?

⑤カフェめぐりをしてはやっている店をしっかりと確認する。

<繁盛している理由>・コーヒーが美味しい・手作りのスイーツが美味しい・お店がかわいい・ソファーの座り心地がいい・スタッフ、店主の人柄がいい


法人化・会社設立の安い印鑑ならハンコヤドットコムがおすすめ!!

 

 

かっこいい会社名と社名の由来「かっこブー」