法人化・会社設立の安い印鑑ならハンコヤドットコムがおすすめ!!

完全無料で使える会計ソフトFree

監査役とは

監査役(かんさやく)は、日本の株式会社において、取締役及び会計参与の業務を監査する機関でです。(会社法第381条1項)。


法律上の存在意義は既に他の方が述べておられますので、現実はどうかというと、取締役を退任した人が「名誉職」のように就任している場合があります。会計監査は公認会計士に任せて、業務監査も取締役会に委ねて、本来の職責を全うしないで報酬だけを受け取っている場合です。

 

株主代表訴訟が一般化してくると、経営者の不正な業務執行や粉飾決算が明るみに出ることが増えるのでしょうが、監査役は決算関係書類に承認印を押して株主に対して「正当と認める」と宣言するのですから、監査役の責任も問われます。その場合には「お飾りの監査役でした」では済まなくなります。


株主総会、取締役(または取締役会)と並ぶ株式会社の機関の一つで、会社経営の業務監査および会計監査によって、違法または著しく不当な職務執行行為がないかどうかを調べ、それがあれば阻止・是正するのが職務になります。また、会社と取締役の間での訴訟においては取締役に代わって会社を代表する役目も担います(会社法第386条)。法改正や判決例によってその権限には変遷があります(後述)。日本の監査役は比較法的に見て大変に珍しい制度。


法人化・会社設立の安い印鑑ならハンコヤドットコムがおすすめ!!

 

 

かっこいい会社名と社名の由来「かっこブー」