法人化・会社設立の安い印鑑ならハンコヤドットコムがおすすめ!!

完全無料で使える会計ソフトFree

株式会社とは

スポンサードリンク

株式を発行して投資家から資金を調達し、その代金で事業活動を行なう会社のこと。株式を公開していれば、株式を購入することで誰でも出資者(株主)になれる。

 

事業が成功して利益が上がれば、株価の上昇で株主の利益が増え、株数に応じて配当金や株主優待を受け取ることもできる。半面、事業がうまくいかなければ配当金は無く、株価も下がる。

 

株式会社制度の下では、事業を遂行する人(経営者)と株主は異なり、経営者と出資者が別人でも構わないために、ビジネスの手腕のある人は、自己資金が無くても、株式発行により資金を集めて事業ができる。

<<小学生でも分かる株式会社解説>>

株式会社って何?
近所の魚屋さんや八百屋さん・・・これは株式会社ではない場合が大半です。しかし、第一勧業銀行や東京電力、トヨタ、ソニー、近所にあるすかいらーく、などは株式会社です。おそらくあなたの勤めている会社の多くも株式会社もしくは有限会社だと思います。そうですその株式会社の会社の上についている「株式」これがまさに一般に言われている株です。この株は会社が発行します。発行するというとなんか難しくなりますが、簡単に言えば会社はお金が必要です、このお金を銀行から借りるか、もしくは株式によって調達するかどちらかにしかお金を集める方法は普通ありませんね。

しかし、銀行から借りたお金は返さなければなければなりません、だから会社は株式によってもお金を集めたほうが安定した資金があつめられるのです。普通、株式会社が株式によって調達したお金を「自己資本」もしくは「資本金」などと呼んでいます。そうやって集めたお金の証明書がまさに皆さんがこれから売ったり買ったりしようとしている株券です。わかりましたか、そして、その株をもっている人が株主です。この株主に対しては企業は利益が出たら配当という形で・・・そうですねえ・・言い換えれば銀行の預金利息のようなものを配ります。例えば1株持っている人には配当を5円やりましょう・・こんな形です。そのほかに皆さんも何度かチケットショップとかで買って使ったことがあるかもしれませんが航空会社の株主株主優待券や株主に対しては自分の会社で作っている商品もあげるなどということもあります・・ちょっと脱線してしまいました・・。

株式会社の場合はその会社が万が一倒産してしまってもその株券がパーになってしまうだけです。個人の会社が倒産してしまったら社長は金貸しから追われたりしますが、そういう意味で会社のオーナーである株主は株券に対して払うお金以上の責任はありません。しかし、日本中にある株式会社のどこの株を買えるというわけではありません。従業員が10人です。とか売上が1年間で1億円しかないなどという会社の株については皆さんが買うことは基本的にはありません。

日本にはいくつかの証券取引所と証券会社の店頭で売買される店頭取引があり、これらに上場もしくは公開している会社の株式について基本的には売ったり買ったりすることができます。これらの会社は上場をするときに証券会社や証券取引所で審査を受けます。だから、基本的には信用力のある会社が多いといえます。
株式会社そして株式のイメージがつかめたでしょうか?


法人化・会社設立の安い印鑑ならハンコヤドットコムがおすすめ!!

 

 

かっこいい会社名と社名の由来「かっこブー」