法人化・会社設立の安い印鑑ならハンコヤドットコムがおすすめ!!

完全無料で使える会計ソフトFree

株式の発行とは

株式は、会社の活動資金を集めるために発行されます。会社が活動資金を集めることを資金調達といいますが、この集め方には大きく3通りあります。

最も分かりやすいのは、金融機関から借金して集める方法です。2つ目は、一般の人や会社等から借金をする方法です。この場合は借りたという証拠に社債という借用証書のようなものを発行します。3つ目が株式を発行して株主を募る方法です。多くの企業は、これらの方法で資金調達をしています。

金融機関からの借り入れや社債の発行による資金調達は、借りたお金ですから期限がきたら全額返済しなければなりませんし、お金を借りているのですから利子も毎年支払わなければなりません。一方、株主から集めたお金は株主に返す必要はありません。会社は返済や利子のことを考えずに経営ができるので、借金に比べて好都合です。

では、株主は、どうやって会社に出したお金を回収すればよいのでしょうか。それは、その会社の株式が欲しいという投資家に自分の持っている株式を売ってお金に換えるのです。これが、株式の売買です。上場会社(証券取引所に株式を上場している会社)の場合、投資家間の株式の売買については、株式の発行会社は一切関知しません。

株式を発行するってどういうこと?

個人投資家は株式を売買することや配当金などから利益を得ていますが、なぜ企業は株式を発行しているのでしょうか。そこで今回は株式の発行に関する質問についてウォッチしてみたいと思います。

「株を発行する側のメリットは」

企業は株式を発行することで、事業を行うための資金を調達することができます。資金の調達なら銀行などからの借り入れでもできますが、わざわざ株式を発行するメリットはあるのでしょうか。

銀行からの借り入れは「負債」となり、返済や利息を払う義務があります。ですが、株式を発行して資金を調達するとそのお金は「資本」と呼ばれ、そこには返済の義務は生まれません。

また、銀行に支払う利息にあたるものが配当金と考えられますが、この配当の支払いも義務ではなく、利益が十分に上がったときなどに支払えばよいのです。

このように、株式を発行することは大きなメリットもありますが、株主の発言(大株主の提案など)に経営が左右されることや長期的な企業利益ではなく、目先の株価上昇を目的とした業績拡大を要求されることもある、といったことなどがデメリットとしてあります。

「株価が上がると株式会社にとってどういうメリットがあるのですか?」

上場企業が株式を発行した後は、株式は市場で売買されることになり、企業には直接お金が入ってきません。ですが、企業は株価が上がったり下がったりすることにとても関心があるようです。それはなぜなのでしょうか。

企業にとって株価が上昇するということには、いくつかのメリットがあります。その大きなもののひとつは、株価が上がることによって買収にかかる費用が大きくなるため、他社から買収されにくくなる、という点があります。ほかにも、株価が高いということが企業の対外的な評価を高め、優秀な人材を集めることが出来たり、持ち株を担保とした銀行からの融資の際にその価値が高まったりというようなメリットがあります。

「株券の電子化について」

株式会社は、株式を発行するため、「株式会社」と呼ばれるわけですが、現在手にとって見ることの出来る「株券」は以前よりも減っています。 それは平成21年1月5日より、株券の電子化(ペーパーレス化)が実施されたためです。これにより株券は全て廃止されることとなりましたが、株主の権利が消えるわけではありません。「証券保管振替機構(ほふり)」と証券会社などの口座で株主権は管理されています。

ただし、株券の電子化は上場会社に限られており、非上場企業は対象外となっています。株券全てが廃止されたというわけではないのです。


法人化・会社設立の安い印鑑ならハンコヤドットコムがおすすめ!!

 

 

かっこいい会社名と社名の由来「かっこブー」