法人化・会社設立の安い印鑑ならハンコヤドットコムがおすすめ!!

完全無料で使える会計ソフトFree

個人事業主の確定申告とは?

確定申告の概要

所得税の課税対象は、毎年1月1日から
12月31日までの1年間に生じたすべての所得です。
その年中の所得について確定した金額を計算し、その所得金額に対する税額を算出して翌年の2月16日から3月15日までの間に申告と納税をすることになっています。
この申告を確定申告といいます。
 
確定申告は、その年中に生じた所得金額の総決算を意味すると同時に、その確定所得金額について計算した税金の額を、源泉徴収された税金、予定納税で納めた税金などの総額と比べて、精算するためにするものです。

確定申告をする必要のある人

その年分の所得金額の合計額が所得控除額
を超える場合で、その超える額に対する税額が、配当控除額及び定率減税額と年末調整の住宅借入金等特別控除額の合計額を超える人は、原則として確定申告をしなければなりません。
しかし、給与所得につき年末調整を受けた人で給与所得及び退職所得以外の所得金額が20万円以下である人等、一定の場合には確定申告をしなくてもよいことになっています。

確定申告を忘れたとき

確定申告を期限内にすることを忘れた場合でも、気が付いたらできるだけ早く申告するようにしてください。この場合は期限後申告ということになります。
 
期限後申告は、なるべく早めに申告する方が有利です。調査を受けたあとで期限後申告をしたり、申告をしないために税務署から所得金額の決定を受けたりすると、それによって納める税金のほかにその税金の15%相当額の無申告加算税がかかります。


法人化・会社設立の安い印鑑ならハンコヤドットコムがおすすめ!!

 

 

かっこいい会社名と社名の由来「かっこブー」