法人化・会社設立の安い印鑑ならハンコヤドットコムがおすすめ!!

完全無料で使える会計ソフトFree

会社設立にかかる費用

株式会社設立にかかる費用 総額:242,000円

定款認証印紙代 40,000円

[定款とは]

会社の基本的な情報が記載された書類です。記載される内容には、会社の名前、本社所在地などがあります。
定款は会社の憲法とも言われています。定款は公証人役場というところで認証を受けて初めてその効力を発します。公証人役場で認証を受けることを「定款の認証」といいます。

その印紙代がかかります。

更に詳しくは「定款とは」を確認ください。

[電子定款認証について]

電子定款を利用して会社を設立すれば定款に貼る収入印紙が必要なくなります。従来の定款は紙でしたが、電子定款はPDFファイルで作成されます。よって収入印紙は必要なくなるので、印紙代40,000円分安くなりますが、「電子定款認証」をするためには専用のキットが必要になり、総額で60,000円ほどかかります。自分で行う場合は逆に高くなりますので、注意が必要です。

更に詳しくは「電子定款認証とは」を確認ください。

定款認証手数料 52,000円

定款を認証するための手数料になります。こちらは実費としてかかってきます。

登録免許税 150,000円

[登録免許税とは]

登録免許税法に基づき、登記、登録、特許、免許、許可、認可、認定、指定及び技能証明について課せられる国税で流通税になります。さらに詳しくは[登録免許税とは]を確認ください。

自分で株式会社設立を行うための費用

 

合計 242,000円

合同会社設立にかかる費用 総額:60,000円

登録免許税 60,000円

[合同会社LLCとは]

合同会社(LLC)は、新会社法の施行により平成18年から設立することができるようになりました。合同会社は、株式会社と比べて設立費用が安く、さらに定款に記載できる内容の自由度の高さから行う方も多くなってきました。

自分で株式会社設立を行うための費用

 

合計 60,000円


法人化・会社設立の安い印鑑ならハンコヤドットコムがおすすめ!!

 

 

かっこいい会社名と社名の由来「かっこブー」