法人化・会社設立の安い印鑑ならハンコヤドットコムがおすすめ!!

完全無料で使える会計ソフトFree

会社名ネーミングのテクニック

ネーミングと一口に言っても、業種や商品によって手法は大きく異なってきます。 今からお教えする4つの法則を踏まえてネーミングを行ってください。

 

① 名前から連想させるイメージと相互性

「名前から連想させるイメージと商品、業種との相互性」を無視しては話になりません。
売りたい商品とその名前が全く一致しないのであれば商品が売れるはずはありません。
社名の場合は多少外れても問題ありませんが、社名と業種のイメージを連動させておいた方が無難なのは確かです。

②記憶定着度

「記憶定着度」はどれだけお客様に名前を覚えてもらえるかということです。 インパクトのある名前にするか、それとも簡単で覚えやすい名前にするか…などいずれにしてもこの「記憶定着」を考慮してネーミングするのとしないのとでは大きな違いが出てきます。 社名にしてもあまり懲りすぎず、覚えやすい名前の方がよいでしょう。

③インプレッション(名前から受ける印象)

インプレッション」はとても重要です。 名前から受ける印象一つで、商品の価値から会社の印象まで全てが決まるといってもいいくらいです。カスタマーにどんな印象を与えたいかをよく考えながらネーミングをして下さい。

④オリジナリティ

「オリジナリティ」に関しても、よく似た名前だと心理的にカスタマーの記憶定着度合いが低くなるばかりか、興味も薄れてくる傾向があります。 他店とは違うというようなオリジナリティを出すことも大事です。 特に商品名では重要視するべきです。

 

 

ネーミングのテクニックの4つの基本でした。

 

いかがでしたか?この4つの基本テクニックの内、どの項目に重点を置くかしっかりと決めることが重要です。


法人化・会社設立の安い印鑑ならハンコヤドットコムがおすすめ!!

 

 

かっこいい会社名と社名の由来「かっこブー」